短期間で痩せるならスイカダイエット!効果的なやり方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘くてみずみずしいスイカ。冷たくひやしてガブリとかぶりついた時の美味しさは格別ですよね。そんな夏の味覚の代表格、スイカが、短期間ダイエットに役立つってご存知ですか?

今多くの方がチャレンジし、短期間で嬉しい結果が出ていると話題になっているのです。ではスイカダイエットって、どうやってトライすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

スイカダイエットとは?

スイカ
スイカダイエットは、実は10年近く前からあるダイエット方法です。テレビの企画でお笑い芸人のサンドウィッチマンさんがトライして、5キロ以上痩せたこともありました。

スイカダイエットはその後もたくさんの人がトライしており、Twitterなどで効果を公表しています。その結果を見てみると、短期間で結果が出た人が多いようですよ。

夏に向けて一刻も早く痩せなくちゃ!と焦っている方も多いですよね。
そんな時にきっと役立つのがスイカダイエットです。

またサンドウィッチマンさんがトライした時から、今は数年が経過している点もポイントです。スイカの持つ効果的な栄養素などが以前より詳しく分かってきたのです。

それでは、スイカダイエットではどんなダイエット効果が期待できるのか、具体的に見ていきましょう。

スイカに期待できるいろいろなダイエット効果

ダイエット効果
スイカダイエットでは、いろいろなダイエット効果が期待できると言われています。まずは具体的にどんな効果が期待できるのかを見ていきましょう。

代謝アップでダイエット

スイカには抗酸化作用や脂肪燃焼効果・糖質分解効果などがある成分が含まれています。そのため、食べることで燃焼・代謝がアップすると考えられます。

私たちの身体では、常に代謝が行われています。生きるために必要な基礎代謝が占める割合はとても大きく、運動を少しするよりもはるかに大きなカロリーを消費します。

しかし加齢や活性酸素による細胞の傷みなどによって、代謝はどんどん落ちていきます。二十歳を境に落ち始め、年齢を重ねるごとに下がります。そのため年を取ると痩せにくくなるのです。

そのため、活性酸素を除去してくれる抗酸化作用や代謝を活発にする成分をしっかり摂ることで、代謝をアップし身体を若々しく保ち、年をとっても痩せやすく引き締まりやすい身体づくりに役立つのです。

むくみ解消

スイカは昔から利尿作用があることが知られていました。妊娠中の方やお酒の飲みすぎでむくんでしまった方など、スイカを食べることでたくさん尿が出て、むくみが解消するのです。

スイカは水分が90%と非常に多く、食べていても切っただけでも汁がどんどんあふれてきますよね。子どもの頃は「食べ過ぎるとオネショするよ」と注意されたりしませんでしたか?

スイカは漢方の世界でも尿の出を良くする効果を持つとされています。また民間療法で、スイカの水分を煮詰めるスイカ糖というものも作られていますが、これもまた強い利尿作用を持っています。

デトックス効果

利尿作用がたっぷりのスイカには、デトックス効果も期待できます。実はいつまでも美しいプロポーションを保つ杉本彩さんも、スイカジュースを飲んでいるそうですよ。

水分や老廃物を体外に排出させるため、腎臓への負担も減らすことができるようです。トイレにあまり行かない方やむくみのある方におすすめです。

さらにアンモニアを尿素へ分解し、排出することを促す成分も含まれています。疲労の原因となる成分を体外に流せるので、疲れを癒したいときにも役立ちます。

さらに血行を改善する成分も含まれているので、むくみによる下半身のめぐりが悪い方にピッタリですね。

お通じ・便秘の改善

スイカは便秘解消にも役立ちます。スイカはシャリッとした歯ごたえが魅力ですが、食物繊維も豊富なのです。

スイカに多く含まれているのは不溶性と水溶性の食物繊維です。その割合も2:1と理想的なバランスです。

水分も多いため、食物繊維と一緒になって便通を良くしてくれます。便秘にお悩みの方にも最適で、この点もデトックス効果につながりますね。

美肌・美白効果

スイカにはビタミンCなどの美肌・美白成分がたくさん含まれています。そのため、美肌・美白効果も期待できると言われています。

特に素肌の美しさが気になるのは夏ですよね。スイカは夏に旬を迎えることから、夏の素肌を守り、キレイに痩せるためには欠かせない食材と言えるかもしれません。

スイカに含まれている効果的な成分

スイカ
それでは、スイカには実際にどんな成分が含まれているのでしょうか。これまでに見てきた理想的なダイエット効果を生み出すと言われる、すごい成分がたくさん含まれているんですよ。ひとつずつ、詳しくご紹介していきます。

リコピン

リコピンは、トマトの赤のもとになっている成分として知られています。強力な抗酸化作用を持つ成分で、ビタミンCやビタミンEよりも優れていると言われています。

さらにスイカにはリコピンがトマトよりもたくさん含まれています。抗酸化作用は人の老化や細胞のキズを増やす活性酸素を除去する働きを指していて、アンチエイジングに欠かせません。

リコピンを多く含むスイカは美肌を保つためにも役立ちます。さらに体脂肪の燃焼効果があることが、最近の研究で分かってきた成分でもあるんです。

シトルリン

シトルリンとは、遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種です。ウリ科の植物に多い成分で、特にスイカに多く含まれています。

シトルリンには血管の拡張作用があるので、血流を改善する効果があります。さらにアンモニアを尿素として排出するためのオルニチン回路で欠かせない成分です。

筋トレ成分として有名なアルギニンとも関係が深く、両者ともオルニチン回路で働くのですが、シトルリンを摂ることでアルギニンが増えるという効果もあります。

さらに血流が改善されるため、ダイエットの大敵であるむくみや冷えの改善にもつながります。スポーツのパフォーマンスを上げ、むくみや冷えを改善するというダイエットの強い味方です。

また天然保湿因子のひとつでもあるシトルリンは、私たちの素肌と同じ成分なので、自然に素肌の潤いをキープしてくれます。血流促進効果は肌のターンオーバーや新陳代謝も改善させてくれるんですよ。肌の美しさにも役立つ成分です。

イノシトール

イノシトールは、スイカに含まれる成分のひとつで、体脂肪を燃焼するという働きを持っています、さらに脂肪が蓄積されにくくなるという働きもあります。

また血中コレステロールを減少させるので、血液サラサラ効果もあります。イノシトールにも血流促進効果があるのです。

カリウム

スイカにはカリウムもたくさん含まれています。カリウムは利尿作用がある成分として知られ、塩分を水分と一緒に排出する働きがあります。

シトルリンにも利尿作用・むくみ解消効果があるので、カリウムと合わせてよりパワーアップしそうですね。

マンノシターゼ

マンノシターゼという成分は、糖質消化酵素のひとつです。スイカは甘いので糖分をたくさん含んでいるように感じますが、糖質消化酵素が含まれているのでダイエット向きのスイーツと言えます。

食べ過ぎた糖質は、脂肪となって体の中に蓄えられ、いずれ太ってしまう原因となります。スイカは体脂肪燃焼作用のあるリコピンやイノシトールも含んでいるので、ダイエットに効果的なのです。

食物繊維

スイカは水分が多く含まれているだけでなく、独特の食感も涼しさを増してくれますよね。そんな食感を生み出しているのは、スイカにたっぷり含まれている食物繊維です。

スイカには不溶性食物繊維という水に溶けない食物繊維と、水溶性食物繊維という水に溶ける食物繊維が、2:1という理想的な配分で含まれています。

不溶性食物繊維はゴボウのような根菜類に多く含まれる繊維で、腸のなかで便の材料になります。さらに腸内に残っている食べ物のカスや老廃物を包み込んで、便と一緒に排出してくれるデトックスパワーを持っています。

水溶性食物繊維は水に溶けてネバネバになるタイプの食物繊維です。便に混ざると水分を吸って膨らみ、便を柔らかくしてくれます。

さらに善玉菌のエサになるので、腸内環境も整えてくれます。最近のダイエットの主流は、腸内環境の調整がポイントですよね。その点でもスイカはおすすめ食材なのです。

スイカに期待できるダイエット以外の効果

スイカ
スイカにはさまざまな効果的成分が含まれていることがわかりました。それらの成分のお蔭で、ダイエット以外にもさまざまな効果が期待できると言われているんですよ。

疲労回復・筋肉アップ

スイカに含まれるシトルリンのオルニチン回路効果によって、血流がよくなり、疲労回復効果や筋肉アップ効果も期待できると考えられています。

ダイエットで食事全体を減らし、運動をせずにいると第一に筋肉が減っていきます。筋肉量が減ると代謝も低下し、結局太りやすい体質になってしまいます。

スイカダイエットと軽い運動を組み合わせることで運動のパフォーマンスが高くなり、結果的に太りにくい身体に作り替えていくことも可能になりそうですね。

薄毛改善

実はシトルリンには薄毛改善効果があるんです。血管を拡張する作用や血流改善作用があるため、頭皮の血行もアップします。それにより、薄毛改善効果も期待できるのです。

さらにリコピンも抗酸化作用があり、カリウムにはストレス軽減作用があるため、それぞれ薄毛を防ぐために役立つのではないでしょうか。

やる気アップ

シトルリンは脳の血流も改善させてくれます。血行が良くなることで脳の働きも活性化され、集中力や気力もアップすると考えられています。

また成長ホルモンを増やす働きもあります。成長ホルモンは女性の美しさを保つだけでなく、男性の精力維持にも役立ちます。最近なんとなく元気がない、という方におすすめですよ。

注意力の向上

シトルリンで脳の血行が改善されることで、集中力や記憶力がアップし注意力も向上します。また脳を活性化・活発化させるため認知症予防にも役立つと考えられています。

血流がサラサラになり、血管も広がるので脳梗塞などの予防にも役立ちます。ダイエットやボディの若さだけでなく、頭脳の若々しさにも役立つのです。

夏バテ・熱中症予防

スイカにはこれまでご紹介した成分のほかにも、ビタミンCなどのビタミン類をはじめ、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも含まれています。カリウムやマグネシウムなどを含んだ水分といえば、スポーツドリンクですよね。

スポーツドリンクには、体内の水分量を維持するためにナトリウムも含まれています。つまり塩を少しプラスすれば、スポーツドリンクと同じ働きをしてくれるのです。

そのため夏バテの防止や熱中症対策にもなります。夏バテになってしまった場合も、冷たく冷やしたスイカなら喉を通りやすいのではないでしょうか。

スイカダイエットは置き換えダイエット

スイカ
では、さっそくスイカダイエットのやり方をご紹介します。スイカダイエットは、置き換えダイエットのひとつ。つまり、1日3食のうち、1食をスイカに置きかえるだけなんです。簡単ですよね。

一度に食べるスイカの量はだいたい600g程度です。スイカ1/8個分くらいになります。こんなに食べて大丈夫?と心配になりますが、スイカは意外とローカロリーなんですよ。

スイカ1/8個分で、だいたい約150キロカロリーとされています。お腹は一杯になりますが、かなりのカロリーカットにつながりますね。

ただ、注意したいのはスーパーでよく売っているカットスイカではあまり効果がない点です。カットスイカは赤くて甘い部分しか入っていませんよね。

しかしスイカダイエットのキモになる「シトルリン」が大量に含まれているのは白い皮の部分なのです。

シトルリンがたくさん含まれていることが発見されたアフリカのスイカの一種は、割っても中身は赤くありません。真っ白な状態です。

日本の赤いスイカも白い部分までしっかり食べることで、ダイエットにつながります。少々食べにくいかもしれませんが、慣れるとあまり気にならなくなります。

甘いところから食べて、白い部分へ至ると「美味しくない」と思いがちなので、白い部分から食べ始めるとあまり苦痛に感じないかもしれません。

またミキサーなどでジュースにしてから摂取する場合は、あまり繊維を壊さないようにし、白い皮部分や繊維部分も一緒に飲むようにすると効果的です。

スイカダイエットの注意点

注意

スイカダイエットは簡単でラクラクなのですが、注意点もあります。注意点を守って、嬉しい効果を着実にゲットしましょう。

スイカを食べる時間帯

スイカはいつ食べても効果は同じというわけではありません。以前は朝食をスイカに置きかえる方法が主流でした。でも今は、夜食べることが推奨されています。

スイカを夕食に置きかえると、夕食に食べすぎてしまいがちな炭水化物や肉類を食べずに、スイカで我慢できてしまいます。

スイカのカロリーは、一般的な大人の一食の夕飯と比べればはるかに少なく済みます。さらに水分たっぷりで歯ごたえもあり、食べ応えがあります。

お腹にけっこうしっかり溜まるので、食べ足りなさをあまり感じさせません。よく味わってゆっくり食べれば、非常に少ないカロリーで満腹できるのです。

朝や昼は活動モードです。きちんとカロリーをとらないと、身体も頭も働きません。また朝や昼にたくさんご飯を食べても、活動によってしっかり消費できます。

そのため、身体が省エネモードに入る就寝の前にあたる夕食に、スイカを食べることがおすすめなのです。

また足のむくみなどは夜につらくなりますよね。そこで体も心も疲れた夜に、スイカを食べることが人気になっているのです。

スイカの糖質を考えリバウンドしない

スイカには糖質分解酵素が含まれています。そのため、糖質を含むスイカを食べても、量を守り普段の運動を行うことで、リバウンドを防ぐことができるのです。

しかし食べ過ぎると、やはり糖質のとり過ぎにつながります。さらに冷たく冷やしたスイカを大量に食べることで、お腹を壊すことにもつながりかねません。

リバウンドを防ぐには、食事制限だけに頼らず、体調に合わせた運動をすることが大切です。スイカには筋肉アップ成分も含まれているので、きちんと代謝する「痩せ体質」も手に入れましょう。

スイカを冷やさない

スイカダイエットを行う上で大切なのは、スイカを冷やさないということです。スイカは冷たくひやしてこそ美味しいものですが、毎日ある程度の量を食べ続けることになると話が違ってきます。

水分が多い果物のため、キンキンに冷えた状態でたくさん食べるとお腹を冷やしたり、お腹をこわしてしまったりします。お腹を下すと、せっかく整った腸内環境がまた乱れることにつながります。

体を冷やさない

スイカダイエットでスイカを食べる時は常温で、が基本です。さらに体の冷えを防ぐためには、白湯を一緒に飲むと良いでしょう。

スイカのような夏のウリ科植物には、身体を冷やすという特徴があります。身体を冷やすとめぐりが悪くなり、むくみやすくなるため、温める必要があるのです。

最近は白湯を飲むことが女性芸能人に人気がありますよね。身体の冷えを防ぐことは、体温をあげて基礎代謝を整え、女性のバイオリズムを整えてくれることにつながります。

スイカは甘いので、そのままではのどが渇いてきますよね。そんな時、温かい白湯を飲んで口の中をオフすると良いでしょう。

塩はふらない

スイカには塩をふりたくなってしまいますが、ダイエットのための置き換え食としてスイカを食べる時は塩をふることはやめましょう。

塩をかけることでナトリウム過多になりやすく、せっかくむくみ解消成分をたっぷりとっていても水分が体外に排出しにくくなってしまいます。

塩分のとり過ぎは血液をドロドロにしたり、高血圧を招くなど危険が少なくありません。熱中症や脱水を防ぐための塩分は他の食事で補い、スイカ自体に塩をふることはやめましょう。

残り2食のとり方

朝と昼に食べる食事は、たんぱく質や脂質もしっかり含まれ、ビタミンやミネラルも補えるバランスの良いものにすることが重要です。

スイカを食べることで希少なミネラルやアミノ酸・水分や糖質は補えますが、筋肉の元になるたんぱく質などは補えません。

筋肉が落ちると代謝も落ちて痩せにくい身体になってしまいます。代謝の高い身体を維持することで、痩せやすく太りにくい体質を維持したいですね。

また必要な栄養素が足りないと、貧血や低血糖など危険な症状も起きかねません。痩せたい気持ちは熱烈でも、健康あっての美しさです。しっかり食べてキレイに痩せましょう。

スイカダイエットはスピーディ!2週間ほどで感じられる人もいる


スイカダイエットは、効果が出やすいことでも人気を呼んでいます。2週間ほどでダイエット効果を感じられる人もいるようですよ。

また置き換えダイエットはもとの食生活に戻したときにリバウンドしやすいのですが、スイカは物足りなさを感じさせにくいので、リバウンドしにくいダイエットとしても人気です。

またスイカは好き、という人も多いので、味が合わなくて置き換えダイエットに挫折してしまったという方にもおすすめなんですよ。

女性は美肌&アンチエイジング効果も期待できるのでもちろんですが、男性も薄毛対策や精力アップ効果が期待できるので試して欲しい方法です。

もうすぐ夏なのに、海やプールに誘われているのにあと一回り痩せられない!という時、他のダイエットでは時間がかかってしまいますよね。

むくみを解消し、ぼてっとした印象のボディラインを変えてくれるデトックス系ダイエットで、キレイ&健康にすっきりボディを手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする