レモン白湯はダイエットに効果的!作り方や飲むタイミングとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気女優も海外のセレブモデルも、こぞって注目した「白湯ダイエット」。キレイな女性は白湯を飲んでいる、と言われるほど人気を呼びました。

でも今は、もっと進化したダイエットが注目されているのです。それがレモンをプラスしたレモン白湯ダイエットです。

スポンサーリンク

レモン白湯が注目を集めた理由

レモン

白湯ダイエットは、人気ヨガインストラクターが提唱したことで、モデルや女優、芸能人の間で広がりました。

多くの芸能人が愛飲し始めたため、ダイエットや美意識に敏感な女性たちにあっという間に注目されました。

その後、大人気モデルのミランダ・カーさんやローラさん、こじはること小嶋陽菜さんがレモン白湯を飲み始めたことで、今度はレモン白湯が人気となりました。

白湯ダイエットが簡単で効果的だったことと、たったひと手間加えるだけで嬉しい美容効果も期待できるため、多くの女性の心をわしづかみにしたのです。

では、基本の白湯ダイエットと、今話題をさらっているレモン白湯ダイエットについて、詳しく見ていきましょう。

白湯ダイエットとは?白湯ダイエットのやり方

女性
白湯ダイエットとは、「白湯を飲む」だけのダイエットです。白湯を作って、ゆっくり飲む。それだけです。

白湯とは水を一度沸騰させたもので、50度くらいに冷ましてから飲みます。200ccくらいの量を、ゆっくりと時間をかけ、10~20分ほどで飲み切ります。

ゴクゴク飲むのではなく、すするようにゆっくりと飲みます。ただし冷めないうちに、忘れずに飲み切りましょう。

1日にこれを5杯、5回に分けて飲むと理想的と言われています。外出時などはポットに熱湯を入れ、カップに移して冷ますことで白湯を飲むことができます。

これが白湯ダイエットです。びっくりするほど簡単ですが、多くの女性が「すごい」と実感し、女優さんなどがレストランで水ではなく「白湯」を注文するほど人気を呼んだのです。

お茶やコーヒーでは白湯の代わりにはなりません。なにも入っていない白湯を飲むことがダイエットにつながるのです。

レモン白湯ダイエットとは?レモン白湯ダイエットのやり方

レモン
レモン白湯ダイエットは、基本的に白湯ダイエットと同じです。ただ、50度ほどに冷ました白湯に、輪切りにしたレモンを落とすか、レモン汁を大さじ1ほどプラスするだけです。

レモンの量は1杯につき1/2個がベストと言われています。しかし輪切りにしたレモンを落とす場合は残留農薬の危険があるので、国産、できれば有機栽培レモンがおすすめです。

50度に冷ました白湯にレモンを入れたら、すするようにゆっくりと飲みます。なぜゴクゴク飲んではいけないかというと、胃腸に負担をかけてしまうからなのです。

水を一気に飲むと、胃の中で消化液が薄まってしまいます。すると消化不良の原因になるため、すするようにゆっくり飲むことが大切です。

体内にしみこませるようにゆっくりと、やはり10分~20分ほどかけて飲みます。1回200㏄、1日5回で1リットルほど毎日飲むことがおすすめです。

白湯は水道水をヤカンで沸かしても、電子ポットや電子レンジで沸かしても構わないのですが、身体のためにはできるだけきれいな水を使った方が良いそうです。

水道水もキレイなのですが、カルキなど不純物が含まれています。これを飛ばすために、沸騰したらフタを取り、5分ほどグラグラ沸騰させ続けることでカルキ抜きができます。

電子ポットや電子レンジで沸かした場合はカルキ抜きがうまくできないこともあります。体への影響を考えると、しっかり沸騰させて作った白湯の方がより良いですね。

大切なことは、水を50度に温めたものではなく、一度沸騰させたお湯を、50度くらいまで冷ますということです。

沸騰させることで水が空気と激しく混ざり合います。インドの伝統的な医学「アーユルヴェーダ」によると、白湯は魔法の水と呼ばれるほど健康に効果的と言われています。

それは、水を火で沸騰させる白湯は、世界を構成する4要素のエネルギーが含まれているからと考えられているからです。

ヤカンのフタを取ったり、鍋で沸かして5~10分ほどカルキ抜きしたりすることで、水道水に含まれる不純物もかなり取り除かれ、きれいな状態になるそうですよ。

白湯ダイエットの持つ健康パワー

きゅうす
白湯ダイエットは、アーユルヴェーダも認めた「健康パワー」を秘めています。どんな効果が期待できるのか、詳しくご紹介しましょう。

血行&冷え性の改善

温かい白湯をゆっくりと飲むことで、身体の消化器官がまず温められます。消化器官は身体の中心に位置しているため、結果的に身体の芯から温められることになります。

身体を中心から温めると、血管が開いて血行が良くなります。その結果、末梢まで血液が行き届くようになり、冷え性の改善にもつながります。

特にお腹や腰を冷やすと体全体が冷えると言われていますよね。白湯を飲むことでお腹や腰を通る大きな血管が温められ、身体の先端部分までしっかり温まるようになってくるのです。

身体の「冷え」が太りやすさの原因になっている方には、とてもおすすめのダイエット方法です。

むくみ・便秘解消

冷え性は、血行をとどこおらせむくみを起こす原因となります。むくみに関係している肝臓や腎臓といった臓器が冷えることで、むくみはひどくなってしまうのです。

しかし血行が良くなり身体が内部から温まることで、肝臓や腎臓も温まり、活性化されます。そのため排泄もスムーズにいくようになり、むくみ改善につながります。

デトックス効果・便秘解消効果

むくみの解消や血行改善により、デトックス効果が期待できます。むくみによって溜まってしまう余計な水分や老廃物がしっかり排出されるようになります。

さらに内臓の冷えが解消されるようになり、消化器官を温めながら水分を補給するため便も柔らかくなって便秘解消効果も期待できます。

むくみのせいでいつも脚や顔が大きく見えてしまう、便秘のせいでお腹がぽっこりという方にも、やはりおすすめのダイエット方法です。

免疫力アップ

人間は、体温が1度上昇するだけで免疫力は5倍~6倍にアップすると言われています。それほど体温と免疫力には深い結びつきがあるのです。

白湯は身体を芯から温めますし、一日に何度も飲むことでその都度体温をアップさせます。その結果、免疫力アップも期待できるのです。

また身体が弱っている時にも優しく、少しずつ飲むことで胃腸にも身体にも負担をかけにくくなります。

いろいろなダイエットを試したけれど、お腹が弱くて続かない、体調を崩していつも挫折……という方におすすめです。

基礎代謝のアップ

体温が上がることで、基礎代謝もアップします。基礎代謝は、生きているだけで消費されるエネルギーのことで、呼吸や消化などに使われています。

人間は生きているだけで一日の消費カロリーのうち70%前後を消耗するのですが、体温が低く基礎代謝が低い人は、なかなかエネルギーが消耗されません。

しかし体温がアップすることで基礎代謝がアップすると、消費カロリーが高くなる・新陳代謝がアップするなど嬉しい効果がたくさん期待できます。

痩せやすく太りにくい身体づくり

これぞ理想のダイエット体質ですよね。基礎代謝が高くなるだけで、人間は自然と痩せやすく太りにくい体質へと変わっていくのです。

さらに白湯は消化器官を通っていくので、胃腸をダイレクトに温めます。消化機能が弱い方にもぴったりですね。

免疫力も基礎代謝もアップし、脂肪も燃焼しやすくなります。病気になりにくく、健康で引き締まりやすいボディを目指したいなら、白湯ダイエットはおすすめのダイエット法なのです。

美肌

新陳代謝が活発になるということは、素肌のターンオーバーもスムーズになります。さらに血行促進やむくみ・便秘解消効果で、にきびや肌荒れが改善されることもあります。

白湯ダイエットには、これだけのパワーがあると考えられています。その多くがダイエットに結びつき、さらに美容にも関わっています。多くの女性が実践していることも分かりますよね。

では、次にレモン白湯ダイエットのパワーをご紹介します。基本の白湯ダイエットパワーは変わらず、レモンの持つ美容効果がプラスされますよ。

レモン白湯ダイエットの持つすごいパワー

レモン
レモンをたったスプーン一杯加えるだけで、さらなるパワーを発揮するレモン白湯。白湯だけでもすごい効果が期待できるのに、驚きですよね。

では、実際にレモン白湯にはどんな力が秘められているのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

抗酸化作用

レモンの酸っぱさは、ビタミンCではなくクエン酸によるものが大きいってご存知ですか?クエン酸は、強い抗酸化作用を持っています。

クエン酸の抗酸化作用は新陳代謝をアップする働きがあります。そのためターンオーバーや血流改善にもつながります。

善玉ホルモン「アディポネクチン」の濃度を高める

アディポネクチンとは、糖や脂肪を代謝するために役立つホルモンの一種です。レモンを日常的にたくさん食べている人は、このアディポネクチンの濃度が高くなるのです。

アディポネクチンには、糖尿病や高血圧、高脂血症や動脈硬化といった生活習慣病の予防や、がんの予防効果があることが分かっているそうです。

つまり、レモンを毎日のように食べることで、脂肪や糖の代謝に役立つホルモンの分泌が活性化され、太りにくい身体へと変わっていく効果が期待できるということですね。

血中の中性脂肪増加を抑制させる

レモンに含まれるエリオシトリンというポリフェノールは、血中の中性脂肪増加を抑制させる働きがあります。

動物実験段階ではありますが、肝臓への脂肪蓄積も減らすという研究結果も出ているそうですよ。脂肪と戦いたい方にとって、レモンは強い味方なのです。

便秘解消効果

白湯だけでも便秘解消効果があるのですが、レモンには腸を刺激してぜん動運動を活性化させる働きがあります。

皮ごとのレモンを食べれば、水溶性食物繊維だけでなく、白い皮の部分にたっぷり含まれる不溶性食物繊維も一緒に摂れます。

白湯には便を柔らかくする力がありますし、食物繊維は腸内の老廃物を巻き込んで便を増やす働きがあります。それを押し出す働きがレモンにはあります。二つそろえば最強ですね。

美肌

白湯にもターンオーバーを促進させる効果がありましたが、レモンには最強の美肌抗酸化成分・ビタミンCが豊富に含まれています。

さらに「お湯を飲む」だけのストレスフリーなダイエットということで、ダイエットにありがちな便秘や肌荒れの恐れも少ないため、美肌効果が期待できそうですね。

口臭予防

最近、寝起きの口の中の雑菌の多さが話題になっています。それは夜のうちに乾燥した口の中で、バクテリアが増加するからと言われています。

その結果、朝起きた時に「口の中が臭い……」と感じる人が多いのです。でも、レモン白湯には、このバクテリアを洗い流す働きが期待できます。

レモンがもつ消臭効果が、口臭にも効果的に作用するということですね。ダイエットはもちろん、キレイで愛される女性になりたいという方には嬉しい効果ですね。

アンチエイジング

抗酸化作用で活性酸素を除去することは、老化防止につながります。シミ対策にもおすすめです。

疲労回復・リラックス

レモンに含まれるクエン酸には疲労回復効果があります。またレモンの香りにはリラックス効果があり、しかも食欲を抑えてくれる働きもあるんですよ。

レモンには、こんなにたくさんのダイエット&美容効果があるとされています。白湯とレモンを合わせることで、最強のきれいドリンクが誕生するのです。

レモン白湯はいつ飲むのが効果的?

レモン
レモン白湯は、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。

朝一番

朝起きたら、朝食の前に飲んでみましょう。口臭予防にもなりますし、朝一番に身体を温め、代謝をアップしてくれます。

3食後

食後や運動後に飲むことで、代謝を高めることにつながります。ダイエットのために飲むなら、食後がおすすめです。口の中もさっぱりしますよね。

寝る前

寝る前に飲むことで身体の中心がほかほかと温まります。この「身体の中心の温度」を深部体温と呼んでいて、睡眠のリズムと大きく関わっています。

日中にしっかり体温が上がると活動のスイッチが入ります。しかし夜になって体温が下がると睡眠のスイッチが入るのです。

深部体温が上がって下がる時に眠気がやってきて、その波にうまく乗れるとぐっすりと質の良い深い睡眠に入ることができます。

そのため、バイオリズムが整っていると、夜になると深部体温を発散させるために身体の末端から熱を逃がそうと、手足が温かくなってきます。赤ちゃんがまさにそうですよね。

しかし低体温が続き、昼間も活動のスイッチが入らないと、夜に「体温を下げる」スイッチが入りにくくなります。その結果、睡眠スイッチ「眠気」が起こりにくくなるのです。

冷えが強いとなかなか寝付けない、という現象は、こういったメカニズムで起きているわけです。

そこで寝る前にレモン白湯でしっかり深部体温をあげてあげることで、しっかり下がることができるため、眠気が起きやすくなると考えられています。

胃腸に刺激を感じたら

レモンには強いデトックス効果、排出力があります。たくさん飲み過ぎると胃腸に刺激を受けることもあります。

自分にはちょっと強いかなと感じたら、朝一番の白湯をレモン入りにして、あとはただの白湯からスタートしましょう。

慣れてきたら、少しずつレモンの量を増やしていってもいいですし、白湯だけでも充分パワーは感じられますよ。

レモン白湯をもっとパワーアップさせるアレンジ法

レモン白湯
せっかくなら、レモン白湯をもっとパワフルに楽しみたい!という方におすすめの飲み方をご紹介します。

ショウガ入りレモン白湯

ショウガには身体を温めたり、消化を助けたりする効果があるジンゲロールやショウガオールという成分が入っています。

熱湯を入れる前のカップに2~3枚ほどのショウガのスライスを入れ、そこにお湯を注いで冷まし、レモンを入れて飲んでみましょう。冬などは特におすすめです。

ハチミツレモン白湯

すっぱいものが苦手な方におすすめです。はちみつには非常に高い健康効果があるため、レモンをハチミツ漬けにして、レモン白湯を作ると飲みやすくなります。

レモンも食べやすくなるので、レモンが持つ豊富な食物繊維をたっぷり摂取できます。

塩レモン白湯

便秘でお悩みの方には、塩をひとつまみ入れることでより便秘解消効果が高くなりますよ。また夏は熱中症対策にもなります。

レモン白湯ダイエットは40代以降のダイエットにもピッタリ


人間は、30代くらいから免疫力が落ちてきます。新陳代謝の衰えはもっと早く、素肌のターンオーバーで言えば、ピークは10代になります。

10代では20日サイクルだった素肌のターンオーバーも、20代には28日サイクルになります。30代では40日かかるようになり、40歳を超えるとなんと2ヶ月近くかかるようになるのです。

しかしレモン白湯ダイエットを行うことで、体温をアップし免疫力を向上させることにつながります。

さらに新陳代謝をサポートする力もあるため、基礎代謝が衰えて痩せにくくなった40代以降の方にもおすすめなのです。

忙しい人でも行いやすく、健康的に痩せられてお金もかからないレモン白湯ダイエットは、お財布にも優しいですよね。

冷えやむくみ、便秘や肌の不調にお悩みの方、そして最近痩せにくくなったことを痛感している方、レモン白湯ダイエットで身体を内側からキレイに整えていきませんか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする