パイン酢の効果とは?韓国で大人気のダイエットドリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良い香りと甘酸っぱい味で大人気のトロピカルフルーツ、パイナップル。最近ではとても手軽に家庭で食べられるようになりました。カットフルーツでも定番ですし、昔よりもずっと甘くておいしくなっています。

そんなパインとお酢で作る「パイン酢」を使ったダイエットが大ブームを巻き起こしたってご存知ですか?パイナップルもお酢も効果効能が期待される健康食品ですが、プラスすることでよりパワーアップすると評判なんです。

スポンサーリンク

パイン酢とは

パイナップル
パイン酢とは、その名の通りパインとお酢を合わせたものです。ちょっとどんな味がするのか不思議に感じる方もいるかもしれませんが、かなり飲みやすい、おいしいと人気が高まっているんですよ。

韓国の大ブーム「パイン酢ダイエット」

パイン酢を使ったダイエット法・「パイン酢ダイエット」は、2016年前後に韓国で大ブームを巻き起こしました。韓国のメディアで「半年で15キロ痩せたパイン酢ダイエット」と紹介され、それからパイン酢に注目が集まったのです。

パイナップル酢として販売されるお酢ドリンクも人気がありましたが、多くの女性が家庭で手軽に作って飲むことが流行したそうです。さらにこのパイナップル酢が日本の大型ショッピングモールで期間限定販売され、そこから日本でも話題に火がつきました。

パイナップルといえば、酵素も食物繊維もたっぷりのフルーツ。身体に良いことがよく知られていますし、お酢もダイエッターに嬉しい成分がたっぷり含まれています。それを合わせたパイン酢には、すごいパワーが秘められているのではないでしょうか。

パイン酢の作り方

それでは、パイン酢がどんなものなのかを知っていただくために、まずパイン酢の作り方をご紹介します。実は驚くほど簡単に作れちゃうんですよ。

用意するもの:生のパイナップル1/2個・国産リンゴ酢・はちみつ・煮沸消毒した保存容器

1.生のパイナップルを皮と芯を取り除いてひと口大のいちょう切りにします
2.保存容器にパイナップルを入れ、りんご酢をひたひたになるまで注ぎます
3.酸味が苦手な方ははちみつを適宜加え、ふたをします
4.一晩常温で寝かせたら完成です

一晩寝かせることが待てない!という方は600wの電子レンジで30秒ほどチンします。そのままフタをして粗熱がとれたら完成です。

お酢を使うので、保存容器はガラス製のものを使ってくださいね。他の材質だと穴が開いたり、変質してしまう恐れがあります。

お酢は飲みやすさを考えると国産リンゴ酢がおすすめですが、アミノ酸量が多い黒酢などでも試してみると良いかもしれません。お酢にはそれぞれ風味があるので、飲んでおいしいと感じるものを選んでください。

パインとお酢の栄養たっぷり!期待できるダイエット効果

パイナップル
パイン酢にはパイナップルとお酢の健康効果がたっぷり含まれています。また香りも甘みも強いパイナップルを、ちょっと飲みにくいお酢につけることで、飲みやすくてさわやかなドリンクとして味わえるようになります。

では、パイン酢には具体的にどんなダイエットパワーがあるのでしょうか。パイン酢が持つと言われるダイエットパワーについてご紹介します。

代謝アップ

クエン酸サイクルを作り出すクエン酸や、脂肪の燃焼を助け蓄積を防ぐ酢酸、そしてビタミンB群を豊富に含んでいるパイン酢には、代謝をアップさせる働きが期待できます。私たちが食べるカロリーの多くは、実は基礎代謝によって消化されているんですよ。

しかし、年齢を重ねるとなかなか痩せられなくなってきますよね。それは、基礎代謝量ががくんと減ってしまうからです。20代、30代と衰え始め、40代には小学生レベルにまで落ち込みます。そのため、たいして食べていなくても、太りやすく痩せにくい身体になってしまうのです。

パイン酢には代謝を助ける成分がたっぷり。そのため、燃焼しやすく代謝の高い身体づくりに役立ちます。結果的には、太りにくく痩せやすい身体づくりにも役立つのです。

肥満の予防

パイン酢に豊富に含まれている酢酸やクエン酸。すっぱい味のもとになっていますが、これらの成分が脂肪の燃焼や蓄積の予防、そして落ちにくい内臓脂肪にまで働きかけてくれます。

これまでなかなか痩せられなかったという方や、糖質制限など栄養バランスが崩れるダイエットは怖いのでやりたくないという方にも安心です。

デトックス効果

パイン酢にたっぷり含まれているクエン酸には、老廃物を排出させ、血液をサラサラにする効果があります。またパイナップルに含まれている酵素には消化を助け腸内環境を整えてくれる効果があるため、デトックス効果も期待できます。

身体の中からキレイになりたい、身体の中の蓄積が気になるという方にはおすすめしたい成分がたっぷり入っています。

便秘解消

先ほどご紹介したデトックス効果とも大きく関係しますが、便秘でお悩みの方には一度試していただきたい成分がいっぱいです。特にパインの持つ不溶性食物繊維と酵素は腸内環境を整えてくれるため、期待できますね。

お酢にも便秘解消効果があります。お酢には代謝を高める働きがあり、たくさん含まれる酢酸は腸のぜん動運動も活発にしてくれます。出やすい状態になった便を、しっかりと押し出してくれる力強いサポーターです。

むくみ解消

パイナップルには利尿作用を持つ成分が含まれています。またお酢に豊富に含まれるアミノ酸の中にも利尿作用を持つものがあり、体内に塩分と一緒に溜まっている水分を、身体の外へと排出する働きがあります。

デトックス効果のひとつともいえますが、余分な塩分や水分を排出することで、冷えや女性の不定愁訴の原因とも言われているむくみ改善・解消にもつながります。

美肌効果

パイナップルといえばビタミンCですよね。ビタミンCは最強の美肌成分として知られています。その他にもパイナップルには素肌や粘膜の健康を守ってくれる成分がたっぷりと含まれています。

さらにパイナップルにもお酢にも便秘解消効果があるため、便秘による肌荒れ予防に役立ちます。またお酢の持つ代謝アップ効果で、肌のターンオーバーも応援してくれますよ。

疲労回復効果

ダイエットは食べ物も大切ですが、適度な運動も大切です。特に息を止めてしまう筋トレのようなハードな運動よりも、長く息を吐く有酸素運動が効果的と言われています。でも、慣れない運動は心身ともに疲れるものですよね。

パイン酢には、脳神経の健康を維持する成分や、ストレスに打ち勝つために必要な成分、疲労回復成分が含まれています。特にクエン酸は最近話題の成分ですね。ダイエットによる心身の疲れやストレス解消にもおすすめです。

パイナップルのダイエット・美容パワー成分

パイン酢
パイナップルやお酢には、ダイエットや美容に効果を発揮するといわれている成分がたっぷりと含まれていて、パイン酢にはダイエットパワーが満載ということがわかりました。

この項と次項では、パイナップルに含まれるダイエット・美容パワー成分、そしてお酢に含まれる嬉しい成分をそれぞれを詳しくご紹介していきます。

食物繊維

パイナップルには食物繊維がたっぷり含まれています。りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ではなく、ゴボウなどに多く含まれる不溶性食物繊維と呼ばれるタイプの食物繊維です。不溶性食物繊維は水に溶けることがなく、水をたっぷりと吸収する性質を持っています。

そのため、腸の中で水分をたっぷり含んで便を柔らかくし、便の体積を増やして排出させやすくしてくれます。余分な有害物質を吸着して便と一緒に排出する働きもあるので、大腸がん予防にも効果的と言われています。よく知られるデトックス成分です。

クエン酸

クエン酸は、多くの果物などに含まれる「酸っぱさ」のもとです。爽やかな酸味を持ち、疲れを回復する効果を持っていると言われています。

また私たちの体の中にはクエン酸サイクルと呼ばれる栄養からエネルギーを取り出して燃焼させるシステムが存在します。クエン酸サイクルがうまく回ると、栄養がきちんとエネルギーとなり、活動に使用されて二酸化炭素や水分として残りかすが排出されます。

クエン酸サイクルがうまくまわらないと、乳酸など疲れの原因物質が溜まったり、エネルギーがうまく燃焼されずに残ってしまう結果となります。クエン酸は、バランスよく食事をとることで上手に働き、美しく健康な疲れにくい身体を作り出してくれるのです。

ビタミンC

美容のビタミンと呼ばれてよく知られているビタミンC。水溶性ビタミンのひとつで、私たちの健康には欠かせません。ビタミンCはタンパク質の一種であるコラーゲンを作り出すのに必要不可欠で、素肌や粘膜のターンオーバーに関わり、特に素肌を美しく保つために役立っています。

さらに強い抗酸化作用を持っている成分で、老化やがんの発生のもととなる活性酸素から体を守ってくれます。またストレスへの抵抗力をアップさせたり、鉄分の吸収を助けるなどの働きがあります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、水溶性ビタミンのひとつです。一緒に食べた糖質からエネルギーを産出するために働く重要なビタミンで、糖質を栄養源とする脳や神経の健全な働きには絶対に必要な成分です。また皮膚や粘膜の健康のためにも欠かせません。

普通に食事をしていればまず不足することはありませんが、インスタント食品の多い食生活では不足することがまれにあります。すると脚気という恐ろしい病気を引き起こす原因になります。

ビタミンA

ビタミンAはβカロテンを摂取すると、体内で変化する成分です。発育を促したり、肌や視覚の健康のために働くビタミンです。細菌から身を守るという働きもあり、ウイルス感染などに負けない抵抗力をつくります。

ナイアシン

ナイアシンは名前こそ違いますが、ビタミンB群の仲間です。糖質や脂質・たんぱく質といった主な栄養素から、細胞でエネルギーを産出するときに役立ちます。細胞でこうした栄養素をエネルギーかする際は酵素が関わるのですが、その酵素を助ける働きを持っているのです。

ナイアシンが不足すると細胞がエネルギー不足になるだけでなく、素肌や粘膜の健康にも関わっているため美しさや健康にも深刻な影響を及ぼします。

カリウム

カリウムは血圧を低く押さえたり、脳卒中などの血管の病気を抑制したり、骨密度を高めるために役立つ大切なミネラルです。特に食べ過ぎた塩分のバランスをとり、体外に排出するために働きます。

カリウムには利尿作用があり、尿と一緒に摂り過ぎた塩分(ナトリウム)などを身体の外に排出してくれます。そのため、塩分過多によるむくみの改善にも効果があるといわれています。

酵素

パイナップルには酵素がたくさん含まれています。パイナップルをお肉と一緒においておくと、お肉がとても柔らかくなると聞いたことはありませんか?それは、酵素がたくさん含まれているからです。

パイナップルに含まれている酵素はプロメラインと呼ばれる酵素です。タンパク質分解酵素のひとつなので、お肉を柔らかくする働きをもっています。さらに体内に入ると胃液の分泌を活発にして消化を促進し、胃腸を健康に保ってくれるのです。

さらに整腸作用があり、豊富に含まれる食物繊維とともに便秘の改善やガスだまりを改善する働きがあります。ここにもデトックス効果をもつ成分が含まれているんです。また酵素とお酢は相性がよく、一緒に摂ることでより効果を発揮しやすくなります。

カルシウム・マンガン

パイナップルにはカルシウムとマンガンが含まれています。カルシウムは骨の健康に欠かせない成分としてよく知られていますが、マンガンも骨の形成に関わっています。カルシウムは骨に欠かせないにも関わらず吸収の悪い成分としても有名ですね。

実はカルシウムには出血を止めたり、筋肉運動や神経の働きにも欠かせないという一面があります。もし食べ物で摂取したカルシウムが足りない場合は、自分の骨から供給することになります。

そのため、常に丈夫な骨を作り出し、筋肉や神経を健康に保つために、吸収のよい形でしっかり補充することが必要です。牛乳や小魚に多く含まれていますが、パイナップルにもふくまれているのです。

マンガンはカルシウムやリンと協力して骨や関節を丈夫にする働きを持っています。女性に多い骨粗しょう症を防ぎ、いつまでも健康でキレイを目指す身体づくりに役立ちます。

お酢のダイエット・美容パワー成分

パイン
お酢にもダイエットや美容に効果を発揮する成分がたくさん含まれています。健康のためにお酢をたくさん食べましょうと昔から言われてきましたが、ちゃんと理由があるんですよ。

必須アミノ酸

お酢にはアミノ酸が非常にたくさん含まれています。一般的なお酢に含まれるアミノ酸は15種類。有機酸と呼ばれるものも70種類に及びます。中でも酢酸とクエン酸の含有量はとても多いと言われています。

アミノ酸の中でも体内で作り出すことが難しく、食べ物から補わなければならないのが必須アミノ酸です。これらのアミノ酸の多くには、脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は水溶性ビタミンのひとつです。糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーとして燃焼させる、代謝を支えるビタミンとして知られています。つまり、ダイエットには必要不可欠な成分なのです。

さらに肌や粘膜の健康維持にも役立っています。余分なエネルギーを燃焼させ、素肌をきれいに保つ、女性にはなくてはならないビタミンです。

酢酸

酢酸はお酢の主成分です。あの強烈なにおいのもとは、酢酸です。酢酸には、脂肪の合成を抑制するという夢のような働きがあります。それだけでなく、脂肪の分解も促進してくれます。一度ついたらなかなか落ちない内臓脂肪にまで働きかけてくれるのです。

さらに代謝をアップする働きも持っています。糖分と一緒に摂取すると、筋肉の活力をアップすることにつながり、シェイプアップの効果も高められますよ。また血糖値の上昇を穏やかにする働きもあるんです。

また腸のぜん動運動を活発化する働きもあります。お酢の中にも便秘解消に役立つ成分が含まれているのです。

鉄分

鉄分は血液中のヘモグロビンを作り出すために役立っています。鉄分が足りなくなると、貧血になりやすくなります。お酢には貧血防止に役立つB12も含まれているため、貧血になりやすい女性にはおすすめしたい成分です。

ビタミン12

ビタミンB12は水溶性ビタミンで、貧血防止に役立ちます。葉酸と一緒に働き、血液中のヘモグロビンを作り出します。お肉などに豊富に含まれているため、お肉をしっかり食べないと貧血気味になってしまうのです。しかしお酢にも含まれているため、ダイエット中などは補うことができます。

クエン酸・ナイアシン・カルシウム

先ほどご紹介したクエン酸やナイアシン・カルシウムも、お酢には含まれています。特にクエン酸は豊富に含まれており、クエン酸サイクルをうまく回すためにとても重要な役割を果たします。

パイン酢ダイエットのやり方

痩せている人
パイン酢ダイエットは、どうすれば成功するのでしょうか。パイン酢を使ったダイエット方法についてご紹介します。

パイン酢の飲み方

パイン酢ダイエットの方法はとっても簡単。ただ作ったパイン酢を飲むだけなんです。

・1日に大さじ2~3杯を、必ず薄めて飲む

これを毎日続けるだけです。びっくりするくらい単純ですよね。

パイン酢を飲むタイミング

パイン酢を飲むタイミングは、食前がおすすめです。クエン酸サイクルをサポートしてくれるドリンクなので、食事前に飲むことで食べ物を効率的にエネルギーに変換できるようになります。燃焼しやすい身体を目指すためにもおすすめです。

またお酢を食前に少し摂取することで、消化吸収もよくなると言われています。さらに中身のパインには食物繊維がいっぱい!食前に食物繊維を摂ることで、血糖値の上昇を穏やかにすることができるんです。

パイン酢の保存方法

パイン酢は、一度作って一晩熟成したら、そのあとは冷蔵庫で保存しましょう。お酢なので、容器の殺菌消毒がきちんと行われていれば日持ちはしますが、10日を目安に使い切ってくださいね。夏場は1週間で使い切りましょう。

また使用するときは、毎回清潔なスプーンを使い、きちんと密閉しましょう。1週間経っていなくても、中身のパインに白っぽいカビのようなものがついていたり、臭いや味に変化を感じたら廃棄し、新しいものを作りましょう。

パイン酢のおすすめレシピ

パイン酢
パイン酢はそのまま薄めて飲むだけでも美味しくいただけますが、もっといろいろ楽しみたい!ですよね。おすすめのレシピをご紹介します。

パイン酢の美味しいドリンク

パイン酢を冷たく冷やした炭酸水で割り、氷を浮かべます。
パインもさいの目に刻んで一緒にグラスに入れましょう。
見た目も涼やかで美味しいドリンクになります。
糖分が多い炭酸飲料ではなく、糖分を一切使用していない炭酸水を使ってくださいね。

パイン酢デザート

パイン酢をパインと液体部分に分けます。
粉寒天を分量の水に加え、2分ほど沸騰させてしっかりと煮溶かします。
寒天が煮解けたら少量のキビ砂糖を加え、粗熱がとれるまで待ちます。
粗熱が取れたら、パイン酢の液体部分を入れましょう。
そのあとパイン部分を口の広いグラスに入れて、パイン酢寒天を注いで冷蔵庫で固めます。
固まったら、上からほんの少し炭酸水を注ぎ、冷え冷えをいただきます。
パイン酢の寒天寄せです。ひんやりとした見た目とさっぱりした味で、寒天の水溶性食物繊維も取れますよ。

パイン酢ヨーグルト

パイン酢をプレーンヨーグルトにかけるだけです。お好みの量をかけていただきましょう。
朝ご飯にもぴったりですが、夜食べることもおすすめです。

パイン酢のラッシー風

冷えた牛乳にパイン酢をパインごと加え、ミキサーにかけます。
お酢の凝固作用で牛乳が飲むヨーグルト風味になり、パイン風味の爽やかなラッシーになります。

パイン酢のスムージー風

いつものフルーツやベジタブルスムージーにパイン酢をパインごと加えてみましょう。
さわやかさをアップし、栄養もたっぷりのスムージーになります。

こうして工夫をすれば、美味しく毎日飲み続けられるのではないでしょうか。

パイン酢ダイエットの注意点

注意
パイン酢ダイエットはとても優れた点がたくさんありますが、注意してほしいポイントもいくつかあります。しっかり守ることで、より高い効果が期待できますよ。

絶対にそのまま飲まない

お酢はそのまま飲むと胃に負担をかけます。飲むときは水や牛乳などで割り、絶対にそのまま飲み続けないようにしましょう。

どうしても胃に負担がかかると感じる場合は食後に飲んだり、医師にそうだんしたり、無理をしないようにしてくださいね。

飲んだ後は口をすすぐ

お酢には歯のエナメル質を溶かしてしまう働きがあります、飲んだ後は口をすすぎ、パイン酢が口の中にいつまでも残らないよう注意してください。

できるだけ飲み続ける

パイン酢をはじめ、お酢ダイエットを続けるコツは、毎日少量ずつ飲み続けることです。飲み始めると途端に違いを感じる人が多いのですが、飲むことをやめるとあっという間に飲む前の体調に戻ってしまいます。

美味しく飲めるブレンドや飲み方を工夫し、できるだけ長くお付き合いできるようにしたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする