おからダイエットは効果抜群!その理由と方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットは食事制限が大事だけれどもついつい我慢できず食べ過ぎちゃう経験はありませんか?

そこでおすすめなのが”おから”です。

おからは大豆を煮てすり潰して濾したカスで低カロリーなのでとてもダイエットに向いてる食材なのです。

また、おからには満腹感を得る効果があるので、いつもの料理に混ぜてボリュームをだしたり、1日の食事のどこかと置き換えることもできます。

今回はそんなダイエットに向いているおからダイエットの効果と方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

おからダイエットとは?

痩せている女性
おからダイエットとは普段の食事におからを加えたり、おからを使ったメニューに置き換えるダイエット方法です。

おからには炭水化物が含まれていますが、炭水化物は食物繊維と糖質からできており、おからは食物繊維がほとんどの割合を占めているためご飯などに比べてとても低カロリーなため、ダイエット時にはおすすめです。

おからには食物繊維が多く含まれているので腸内環境を整えてくれたり、糖質や脂質の吸収を抑える働きもあります。

これらのように、おからにはダイエットに効果的な成分を含んでいたり、低カロリーなのでおすすめのダイエット方法です。

おからのダイエット効果とは?

モチベーション
おからにはダイエットに効果的な様々な効果があります。

満腹効果

おからにはダイエットに効果的な食物繊維が含まれています。

食物繊維は不溶性なので胃腸内で水に溶けず、水分を吸収して膨らむので少ない量でも腹感を感じることができます。

脂肪吸収を抑える

おからにはサポニンという成分が含まれていて血管にある脂肪を洗い流して、脂肪の吸収を抑えてくれる働きをします。

血管にある脂肪を放っておくと動脈硬化や高血圧の原因になってしまうので注意が必要です。

また、サポニンには活性酸素の働きを抑えて老化を食い止める効果もあると言われています。

美肌効果

おからには大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンとは美容ホルモンであるエストロゲンのような働きをします。

エストロゲンは女性ホルモンの一種で美肌などに効果があるので、そのエストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンも同じように美肌に効果があるのです。

筋肉量アップ

おからの原料は大豆です。

大豆には良質なタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は筋肉を作る時にとても必要な栄養素です。

筋肉量が少ないと基礎代謝量が低かったり、運動をしてもエネルギーの消費量が低かったり、ダイエットにおいてマイナスのことが多いです。

タンパク質は肉類などに多く含まれていますが、ダイエット中は避けられてしまいがちになると思います。

そこでおすすめなのが植物性タンパク質である大豆、すなわちおからなのです。

脂肪分解、コレステロール低下

おからに含まれているレシチンという成分は乳化作用を持っています。

体内に吸収されると、血管にあるコレステロールを溶かします。

また、肝臓内の脂肪分を分解する働きをもっています。

肝臓内に脂肪が溜まってしまうと、肝硬変や肝不全などの病気になってしまうのでぜひ摂取するべきでしょう。

便秘解消

おからには食物繊維がたっぷりと含まれているので腸内環境が整えられます。

それに加えおからに含まれる糖質にはオリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やすと言われているので便秘解消の効果があります。

便秘は体に老廃物が溜まっている状態で、新陳代謝が悪くなってしまうのでダイエットに悪影響を及ぼしてしまうので腸内環境を整えることが必要なのでおからがおすすめです。

おからダイエットのおすすめのやり方

食事
ダイエットで大事になるのは摂取カロリー<消費カロリーにすることです。

極端な話摂取カロリーをマイナスにすれば運動なしでも痩せることができます。

まずは食事の量を調整するのにおからを活用しましょう。

いつものレシピにおからを加えて調理することです。

先程紹介したようにおから自体にダイエットにいい効果があるのに加え満腹感を得られるので食事量を減らすことができます。

例として、卯の花、おからの和サラダ、酢豚風おから、おからハンバーグなどおからを使った料理はたくさんあるので、好きなもので試してみましょう。

もっと食事量を制限する方には、朝、昼、夜のどこかの食事をおからを使った料理に変えることです。

摂取カロリーを抑えるとどうしても食事量を減らさなきゃいけなく、お腹が空いてしまいますが、おからは満腹効果を得られるので大丈夫です。

おからパウダーでダイエット?

ウエストを測る
スーパーなどで売っているおからは水を含んだ状態の生のおからです。

そのため豆腐などと同じで日持ちしません。

そこで日持ちでき、料理をする手間も省けておすすめなのがおからパウダーです。

おからパウダーとは生のおからを乾燥させて粉末状にしたもので通販でも安く購入することができます。

おからパウダーなら数ヶ月の長期保存ができます。

それに加え普段の料理にパウダーをかけるだけなのでとても簡単です。

例えば、味噌汁、コロッケ、カレー、シチュー、ヨーグルトなどです。

意外にパウダーがマッチする組み合わせがあるのでいろいろと試してみてください。

おからはお腹の中で徐々に膨らんで満腹感が出るので、早食いせず、ゆっくり食べて水分を摂ってください。

冷凍保存もできる

冷蔵庫
生のおからは保存がきかないですが、冷凍保存はできます。

まだ日がたっていないおからであれば冷凍保存することで少なくとも1ヶ月ぐらいは大丈夫です。

水分の多いおからの場合小分けにして冷凍するのがおすすめです。

水分が少ないおからの場合はフライパンなどで水分を飛ばしてから冷凍するのもいいです。

また、おからのハンバーグなどにしてから冷凍する方法もあります。

そうすれば解凍すればすぐに食べれるのでおすすめです。

おからダイエットの注意点

おからの摂取量は1日50g

おからに含まれる不溶性食物繊維は食べ過ぎると便が硬くなり、逆に便秘になったり、下痢をするなどお腹を壊してしまう可能性があります。

油分を含みやすい

おからは油分を吸収しやすい性質があります。

調理の時に油やマヨネーズなどを使う場合カロリーが高くなってしまうので、使う量を注意するようにしましょう。

食べ過ぎに注意

おからダイエットに限ったことではないですが、おからを食べてるからと安心して普段の食事量を食べていると痩せにくいです。

なぜなら普段の食事量におからのカロリーがプラスされているからです。

摂取カロリー<消費カロリーにしなければいけないので、おからダイエットの時は料理におからを混ぜたり、置き換えたりして食事量を減らすように心がけましょう。

まとめ

おからダイエットはレシピがたくさんあるので、新しい料理を覚えながら楽しみつつダイエットすることができます。

おからは大豆が原料なのでダイエット時に大事な栄養素のタンパク質を摂ることができ、食物繊維や大豆イソフラボンなど様々な健康にいい効果があるのでとてもおすすめです。

まずは料理に混ぜて食事量を減らし、慣れてきたらおからを使った料理に置き換えるやり方がおすすめです。

とても簡単で安く健康にいいダイエット方法なので取り組んでみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする