ダイエットをする時にはカロリーが大事?カロリーの正しい知識

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはダイエットをする時にカロリーを気にしていますか?

日常でも、このおかしは100kcal、この運動をすると300kcal消費など耳にすると思います。

カロリーはダイエットの基本中の基本の知識です。

ダイエットをしていくにあたって、正しい知識を得ることはダイエットを効率よく行うのに大変大事なことです。

今回はカロリーについての知識を得ていきましょう。

スポンサーリンク

カロリーとは?

食事風景

カロリーとはよく耳にしますが何なのでしょうか?

人間は、食べ物から得た栄養を燃やして発生するエネルギーを使っています。

そのエネルギーの量の単位のことをカロリーといいます。

わかりやすくいうと体内のエネルギーを把握する指標みたいなものです。

よくコンビニの弁当などの栄養価のところに560kcalなど書いていると思います。

このkcalというのは1kgの水を1度あげるのに必要な熱量のことをいいます。

摂取カロリーと消費カロリー

摂取カロリーとは体の外から食べたものが体内で消化吸収するためにどれだけの熱量を発生するかを表したものです。

消費カロリーとは基礎代謝量と体を動かして使用する熱量を合わせたものをいいます。

なぜ太ってしまうのか

ウエストを測る

なぜ太ってしまうのでしょうか?それはカロリーと関係しています。

体に取り込む摂取カロリーが消費カロリーより多いと太ってしまいます。

簡単に言ってしまうと、動く量より食べる量が多いと太ってしまいます。

摂取して消費されずに余ったカロリーは、そのまま脂肪になって体に蓄えられてしまいます。
だから太ってしまうのです。

ダイエットで気おつけないといけないのは以下のようになります。

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

極端なことを言ってしまうと消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せることができるのです。

もちろんこれ以外にもいろいろな要素がありますが、簡単に言ってしまうとこういうことなのです。

一日どれくらいカロリー摂取していいのか?

ハンバーガの中身

カロリーと太る仕組みがわかってきたけれども、どのくらい一日摂取すればいいのか?

これはその人の年齢や一日どのくらい体を動かしているかに左右されますが、おおまかな目安を書きます。

女性男性
20代1750kcal2300kcal
30代1750kcal2200kcal
40代1700kcal2150kcal
50代1650kcal2050kcal

こちらのカロリーはあくまで目安なので、あなたの現在の体重や運動量などによって変わってしまいますが、だいたいこの数値を目安に一日の摂取カロリーを抑えるようにしましょう。

この数値以下にすればするほど理論的には痩せることができるのです。

カロリーを気にする生活を!

カロリーが太る原因と関係しているということがわかってもらえましたか?

だからといって、食事回数を減らすのは良いことではありません。

きちんと3食取りながらも摂取カロリーを守り、健康にダイエットをしてください。

自分もそうなのですが、コンビニやファミレスなど手軽に美味しいものが食べれてしまうので外食する機会が多いと思います。

そういう際にもカロリーに目を通してみてください。

コンビニでは値段のシールの下あたりなどにカロリーが書いています。

ファミレスでも店舗によりますが、メニューのところに書いています。

一日自分がどれくらいカロリーを摂取しているのか毎日計算してください。

そうすると意外にもたくさん摂取していることがわかると思います。

カロリーを気にかけ効率よくダイエットをがんばりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする