ダイエットが継続できるコツとは?意思が弱い方でも継続はできます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいダイエット方法はわかっているけども、継続しないと痩せることはできません。

ダイエットをしたけどすぐに挫折してしまった・・・そんな経験ありませんか?

私もダイエットを始めたころ何度も3日坊主を繰り返してました。

私は継続力がなかったのです。

「今日は天気が悪いから」「今日は仕事が遅くなったから」など何かと理由をつけてダイエットすることから逃げていたと気づきました。

そんな継続力がなかった私でも今では-13kg痩せることに成功しています。

継続するためには習慣にすることが必要ですが、習慣化するまでがとても大変なのです。

ですので、私が実際にダイエットを取り組むときに継続させるためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

目標を決める

目標

目標を決めることはとても大事なことです。

何となく太ってきたから痩せようかな?という心構えより目標を持ったほうが明らかにモチベーションを保つことができます。

目標を決める時に例えば、「5kg痩せる!」というように決める方が多いと思います。
もちろんこの決め方も悪くありません。

ですがこの決め方よりももっと効果的な決め方があります。

それはなぜ5kg痩せたいのかです。

例をあげて言います。

  • 海やプールに行くために痩せたい
  • 異性にモテるため痩せたい
  • 生活習慣病が心配になってきて痩せたい

などが挙げられます。

ただ5kg痩せる!よりも異性にモテるため5kg痩せる!というような目標の決め方をするとモチベーションがかなり保てるようになります。

人それぞれ痩せたいからには理由があると思います。その理由を目標に付け加え具体的に何kg痩せたいか決めましょう。

最終目標を達成するためのモチベーションの維持

モチベーション

これは私の体験談になります。

私は目標を決める時に異性にモテるために10kg痩せようと目標を決めました。

あなたも痩せる目的の一つに異性を意識したことがあるんじゃないでしょうか?

結果から言いますと、この目標の設定にして成功してますし自分にはあってました。

ですが、運動を続けていても数週間ですぐ10kg痩せることはできません。

もっと継続しなければならないからです。

私は元々継続力が無かったので、この目標設定のおかげで数週間は続けることができましたが、だんだんと10kgは無理じゃないか?と思ってきました。

そこで挫折しかけたのですが、ここでモチベーション維持のために工夫をしました。

それは最終目標とは別に小さな目標を作ることです。

小さな目標とは、最終目標をゴールとしたらその途中に自分で小さな目標を立てることです。

例としては10kg痩せると最終目標を立てた場合、小さな目標として、まずは500g痩せようとします。

そして500g痩せるためにダイエットをがんばろうとモチベーションが挙がり、500g痩せることに成功すると達成感が得られます。

これを繰り返していき、小さな目標1個クリアしたらまた小さな目標を設定します。

今度は少し目標を高めに設定し、気づいたら最終目標に達しているというやり方です。

私はこのやり方がとても合っていて、結果的に痩せることができました。

ですが、このやり方には注意点があります。

小さな目標を達成して満足してはいけません!

達成感を味わうと共にすぐ小さな目標を再設定し、また達成感をモチベーションにがんばってください。

記録する、目に見えるようにする。

記録する

あなたも体重計で計るけれども、記録まではしたことがないんじゃないでしょうか?

私は継続力が無かったので、体重計を記録するようにして、目に見えるようにしました。

なぜ目に見えるようにしたほうがいいかと言うと、数字はありのままの事実なのです。

自分がちょっと食べすぎたと思った日、運動をさぼってしまった日、そんな日が続けば体重は増加してしまいます。

このままでは危機感を持つことができないため、目に見えるように記録しました。

そうするとさぼった分体重が増加しがんばった分は体重が減少します。

体重が減少すれば自分のモチベーションの維持につながりますし、体重が増えれば自分がさぼってしまったと反省することができるので記録することはとても大切です。

体重以外にも、運動をした日を記録したり、一日どのくらいカロリーを摂取したかを記録したりと目に見える形にしてください。

守れてたらモチベーションアップにつながり、守れてなかったら反省し次に生かせることができるのです。

無理をせずに順番に行う

順番に階段を登る

「早く痩せたい!」と焦る気持ちから、いきなりハードな運動や食事制限をしたことはありませんか?

私も当時焦る気持ちから運動なんて久々だったのに、ジョギング7kmから始めました。

ですが、翌日筋肉痛はもちろんのこと膝や腰などを痛めてしまい、数日間大変でした。

このように、いきなり段階を踏まずにハードな運動や食事制限をしていては、途中で苦しくなりやめる原因になってしまいます。

また体も急激な変化に耐えられずケガや病気につながる可能性もあります。

ですので、まずは順番にこなしていきましょう。

運動だったら、まずは比較的簡単なウォーキングから始めて、徐々に距離を伸ばしていき、最終的にジョギングできるようになるようにする。

食事だったら、まずは間食を無くし、徐々にカロリーを気にしつつ量を減らしたり、炭水化物を減らせるようにする。

このようにいきなりハードなことはせず順番にこなすことで無理なく続けることができますし、続けるうちに習慣化され苦じゃなくなってきます。

まとめ

今回記事で紹介したことは実際私も実践した継続するためのコツです。

私は最初は継続力が無くダイエットできなかったものの、このコツのおかげで今では-13kgのダイエットに成功しました。

ダイエットはすぐ結果がでないため、継続するのが難しいですが、小さな目標を設定してモチベーションを維持すれば必ずダイエットが習慣になり苦じゃ無くなってきます。

私も最初のほうはジョギングが苦でしかなかったのが、今では趣味の一つになっています。

これらのコツを使いぜひダイエットをがんばりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする