ウォーキングはどの時間帯ですると効果的なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングはダイエットに効果的な有酸素運動です。

無理なく歩く動作なので、運動が苦手な人でも体に負担にならない負荷ではじめられますし、とてもおすすめです。

そんなウォーキングですが、時間帯によって異なる効果や、メリット、デメリットがあるのはご存知でしたか?

今回は時間帯ごとの効果やメリット、デメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

朝に行うウォーキングのメリット、デメリット

靴
朝のウォーキングのメリット、デメリットをご紹介します。

メリット1:脂肪燃焼しやすい

朝の空腹時にウォーキングをすると脂肪燃焼の効率が良いです。

有酸素運動は糖質をはじめに消費してから脂肪を消費しますが、空腹時だと糖質が少ないので脂肪をすぐに消費しはじめるためです。

メリット2:1日を活動的に過ごせる

活動のモチベーションを上げてくれるセロトニンという物質があります。

セロトニンは有酸素運動を行ったり、日光を浴びることで活性化されます。

そのため気持ちが前向きになり、運動後、仕事や学業などを活動的に過ごすことができます。

メリット3:規則正しい生活になる

規則正しい生活を送りたいけど、ついつい夜更かししてしまった経験はありませんか?

気持ちではしたいけど、なかなか実行に起こせないことってありますよね。

そんな時に助けになるのが、きっかけです。

ウォーキングを毎朝やると自分に誓うことで、早寝早起きをするきっかけにするのがおすすめです。

それにより、だらだらと夜更かしせずに、ウォーキングを朝にするためだと思って早寝早起きの生活に移行していくことで規則正しい生活になります。

メリット4:習慣化しやすい

何かを習慣化する時は決まった合図や時間などがあると習慣化しやすいです。

夜にウォーキングを行う場合仕事や学業やその他の予定によって時間が不規則になってしまいます。

そのため、今日は遅いしやらなくてもいいか、ということになるかもしれません。

しかし、朝のウォーキングでは、早起きさえしてしまえば、学業や仕事の時間が迫ってくるので早くやろうという気持ちになり、朝のウォーキングが習慣化しやすいです。

デメリット1:夜型の人にとって早起きは苦痛

いままで早寝早起きの習慣化ない人にとっていきなり早寝早起きに切り替えるのは難しいかもしれません。

慣れてしまえば苦痛に感じることもありませんが、夜に趣味をしたり、好きなテレビを見たりなどが制限されてしまう可能性があるためはじめのうちは、苦痛に感じるかもしれません。

しかし、早起きするからこそ得られるメリットもたくさんあるので、朝に趣味を移行したり、好きなテレビは録画したりなど、早寝早起きの習慣をがんばりましょう。

デメリット2:寝起きは体の調子が悪い

朝のウォーキングには糖分が少ないため脂肪燃焼率がいいと言いましたが、糖分が少ないということは、体の調子はよくありません。

起床直後は交感神経の働きが弱いからです。

具体的には、頭がぼーっとしたり注意が散漫になったりします。

また、筋肉が固まっていたり、体温が低いので体が重く感じたりします。

起床時は体に水分量が少ないため血液がドロドロな状態です。

この状態で運動すると高血圧や動脈硬化が心配な方は、脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあるので、必ず起きたらコップ1杯の水を飲んで、バナナなど軽く糖分を摂取してから運動しましょう。

夜に行うウォーキングのメリット、デメリット

夜 公園
夜のウォーキングのメリット、デメリットをご紹介します。

メリット1:生活サイクルを大幅に変えなくても良い

学校や仕事が終わって、夜にやる場合、寝る前までの間ならどの時間帯にでもウォーキングを組み込むことができるので生活サイクルを大幅に変えなくてもいいです。

予定があって遅くなる日や、残業で遅くなってもウォーキングの時間をずらせばいいので予定に柔軟に対応できます。

メリット2:質の良い睡眠ができる

寝る1時間~2時間前にウォーキングをすることにより質の良い睡眠ができます。

ウォーキングをすることにより自律神経が調整され、体温が自然な形で上がります。

活動している時と休息している時の体温の差が睡眠の質に関係しているため、ウォーキングをすることにより質の良い睡眠がとれるのです。

メリット3:気持ちを前向きにする

ウォーキングをすると精神的に良い効果をもたらしてくれる、セロトニンが活性化します。

そのため気持ちが前向きになることができます。

1日のうちに嫌なことなどがあると寝て目をつぶった時にそのことを考えてモヤモヤして寝れなくなったりしたことありませんか?

そんな時にウォーキングをしてから寝ることで気持ちを前向きにし、前述した質の良い睡眠も加わってすぐ眠りにつくことができます。

デメリット1:事故等に注意

日中に比べて、暗く、視界が悪くなるので事故の危険性が高まります。

あなたに適している時間帯は?

時間
結局のところ、どちらの時間帯に行ってもそれぞれメリットとデメリットがあります。

人によって生活リズムが違ってくるので朝と夜のメリットとデメリットを見比べてあなたに適している時間帯を選びましょう。

朝がおすすめな方

・早寝早起きを習慣にしたいと思ってる方
・仕事や学校を活動的に過ごしたい方
・ウォーキングを習慣化させたい方

夜がおすすめな方

・生活サイクルを変えずにウォーキングを取り入れたい方
・質の良い睡眠を取りたい方
・生活サイクル上、朝にウォーキングを取り入れられない方

まとめ

同じウォーキングでも朝と夜によってメリットやデメリットが変わってきます。

いつやると決めずに、何気なくウォーキングしようと思うよりも、自分に適している時間帯を見つけ、その時間帯にやるようにすると習慣化されやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする