白湯ダイエットの効果とは?正しく飲むだけで痩せやすい体に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白湯ダイエットは女優の方なども実践しているダイエット方法で話題になりました。

白湯は作り方も簡単で、飲むだけで痩せやすい体質になります。

他にもデトックス効果やむくみ解消にも繋がります。

飲むだけなので無理なく続ける事もできるのでとてもおすすめのダイエット方法なのです。

今回はなぜ白湯を飲むだけでなぜ痩せるのか?正しいやり方などをご紹介します。

スポンサーリンク

白湯ダイエットとは?

白湯

そもそも「白湯」とはお湯を冷ましたもので、湯冷ましとも言われています。

冷ますと言っても、やかんで水を沸騰させてそこから大体50~60度に冷まします。

そして、その冷ました白湯を飲むだけでダイエット効果に繋がるのです。

白湯ダイエットは芸能人やモデルの方なども実践しているダイエット方法で話題になりました。

白湯ダイエットは、やかんと水と火(または電子レンジ)があれば今すぐにでも実践できますし、道具などを買い揃える必要もないし、初期費用もほとんどかかりません。

飲むだけで簡単に続けることができるので、運動が苦手な方なども続けることができます。

白湯ダイエットの効果とは?

痩せている
白湯はダイエット効果ダイエットに繋がる効果以外にも様々な効果があります。

冷え性の改善

白湯を飲むことで内蔵が温められ、血行促進され、冷え性の改善に繋がります。

冷え性の方は脂肪燃焼効果が悪かったり、血行が悪いために、不要な老廃物などが溜まったり体に必要な栄養が運ばれなかったりします。

それにより体の代謝が落ちてしまい、痩せにくい体になったり、最悪なケースとして病気に繋がったりするので、冷え性の改善はとても大事なことです。

ダイエット効果

体が冷えていたり、冷え性の方などは脂肪燃焼効果が悪いです。

つまり、代謝が悪いのです。

体は1度体温が上がると代謝は10~12%上がるといわれています。

ですので、白湯を飲むことにより内蔵から温め血行促進することで体の体温が上がるので代謝も上がり、痩せやすい体になるのです。

ダイエットにおいて代謝はとても大事で、代謝が悪い人よりも代謝が良い人のほうが、同じ運動量でも脂肪燃焼効果が違ってきます。

デトックス効果

白湯を飲むことにより内蔵の温度が上がり、胃腸の働きが活発になります。

それにより、胃腸に溜まった毒素や未消化物などの老廃物をきれいに流してくれます。

また、便秘の解消や宿便の排出を促したりもしてくれます。

むくみ解消

体は冷たい水分が入るとそれを溜めこもうとしますが、白湯などの温かいものは尿量を増やして排出させる効果があります。

ですので、白湯を飲むことで体に溜まった余分な水分を排出してくれるためむくみの解消も期待できます。

白湯ダイエットの正しいやり方とは?

やかん
白湯ダイエットのやり方として2つあります。

やかんを使ったやり方と電子レンジを使ったやり方です。

電子レンジを使ったやり方

水をマグカップに入れ、それを電子レンジで温めます。

500ワットの電子レンジで温める場合1分30秒~3分以内です。

1分30秒以下だと冷たすぎますが3分以上ですと熱すぎますので調節してください。

やかんを使ったやり方

やかんに適量の水を入れ、沸騰させます。

沸騰したらやかんの蓋をずらし、火力を少し弱め10~15分沸騰を続けます。

その後火を止めて、カップに注ぎお湯の温度が大体50度~60度ぐらいになるまで冷まします。

冷ます時は自然に冷ましてください。

水を入れてはいけません。

水ではなくお茶はだめ?

沸騰
ここまで読んでくれたあなたは、「水にこだわらず健康にも良いお茶じゃだめなのかな?」と思うかもしれません。

ですが、お茶ではなく水のほうがおすすめなのです。

なぜかというと白湯は体に溜まっている毒素などの老廃物を排出してくれ、内臓を綺麗にしてくれます。

白湯を飲むことにより消化が活発になり食べ物の消化も助けてくれます。

しかし、お茶にはポリフェノール、カテキン、カフェインなどたくさんの成分が含まれています。

ですので、お茶で飲んでしまうとせっかく消化が活発になったのに成分が多いために腸や胃が働こうとして体に負担がかかってしまいます。

また、この理由以外にも白湯を飲むと味が薄くてもしっかりと旨味を感じることができるようになり普段よりも薄味にすることで余分な塩分や糖分の摂取を控えることができます。

これらの理由から水を使うほうがおすすめなのです。

白湯の飲む量やおすすめの時間帯とは?

やかん
ダイエット効果を高める場合、朝の寝起きに飲むのがおすすめです。

寝ている間に休んでいた胃腸の消化を活発にし、溜まっていた老廃物の排出を促してくれるからです。

飲む時の量ですが、カップ1杯(約150cc)を10分ぐらいかけてゆっくりと飲みましょう。

また、食事時にカップ1杯飲むのもおすすめです。

食事の時に水分を摂ると満腹と感じやすくなるためです。

白湯を飲む時の注意点など

・白湯を飲む時は一気飲みは避けてください。

胃液を薄めてしまい、消化機能を低下させてしまいます。

・水分の吸収が良い飲み物なので大量に飲んでしまうとむくみやすくなってしまいます。

1日の摂取量は約800ミリリットルが理想です。

・白湯は50度~60度の温度で飲みましょう。

白湯が体温よりも低くなってしまうと効果が激減してしまいます。

・起床時に飲む場合10分程度かけて飲むようにしましょう。

起きてすぐ水分を一気飲みすると胃腸に負担がかかってしまいます。

・食後に飲む場合はすぐには飲まないようにしましょう。

食後に水分を摂ってしまうと胃に水分が多くなり消化が遅れてしまいます。

ですので、食後30分ぐらいがおすすめです。

まとめ

白湯を正しく飲むだけで代謝が上がり、体に溜まった老廃物などの排出も促してくれるため痩せやすい体になります。

飲むだけで簡単にできるのでぜひ一度チャンレジしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする