コーヒーダイエットの効果はすごい!飲むだけで脂肪燃焼しやすい体に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは普段コーヒーを飲みますか?

食後や休憩時間などに飲む方も多いんではないでしょうか?

コーヒーの効果というとカフェインが含まれており覚醒作用があり、眠気覚ましになるというのはよく知られていると思います。

なんとコーヒーには覚醒作用だけでなくダイエットに効く作用があるのはご存知ですか?

しかもやり方はとても簡単で飲むだけですし、コーヒーも身近ですぐに手に入れることができるので、すぐに実践することができます。

今回はそんな飲むだけで簡単にダイエットに効くコーヒーダイエットの効果や、やり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットの効果

コーヒー
本当にコーヒーを飲むだけで痩せることができるのかなと思いませんか?

私もこのコーヒーダイエットは実践しましたが、本当に効果がありました。
-13kgの減量に成功しています。

なぜ痩せることに繋がるのか、その理由をご紹介します。

カフェインとクロロゲン酸

私たちの体の中には脂肪を分解してくれる酵素でリパーゼというものがあります。

コーヒーに含まれているカフェインにはリパーゼの消化酵素の働きを活発にしてくれる効果があります。

さらにコーヒーにはクロロゲン酸という強い抗酸化作用がある栄養成分が含まれています。

クロロゲン酸は糖尿病予防に効果があります。

糖尿病は運動不足や不規則な生活によって体内に糖が過剰に合成されて起こります。

糖尿病が悪化すると様々な病気の原因につながり、動脈硬化なども引き起こします。

ですが、クロロゲン酸は糖尿病の原因の糖をの吸収や生成を抑えてくれます。

またクロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える効果や自律神経働きを高め肥満予防の期待もあります。

血行促進

コーヒーに含まれるカフェインは体の血行を促進してくれます。

血行が良くなると代謝があがり、痩せやすい体になります。

なぜ血行が良くなると代謝があがるかというと、体の隅々まで血液が行き渡り体温があがります。

体温があがると基礎代謝が13~15%あがるといわれています。

ですので、痩せやすい体になるのです。

血行が良くなると体温があがり、体の冷え性やむくみなども改善してくれます。

また、体の血行不良で起きるコリなども改善してくれます。

利尿作用で老廃物排出

カフェインには利尿作用があり、体にたまっている余分な水分や老廃物を排出してくれます。

余分な水分や老廃物によって引き起こされるむくみなどの解消につながります。

普段足などがむくんで悩んでいませんか?

そんな時はぜひコーヒーを試してみてくれださい。

血行促進や利尿作用で余分な水分や老廃物を排出してむくみ解消の助けになってくれます。

リラックス効果

あなたはカフェの前を通ったりして、コーヒーの香りをかいだ時に気分がよくなった経験がありませんか?

コーヒーの香りをかいだ人の脳波を調べるとリラックスした時にでるα派が出ることがわかっています。

つまり、コーヒーの香りにはリラックス効果があるのです。

ダイエット時には食事制限や慣れていない運動を始めるのでストレスが貯まることもあると思います。

そんな時はゆっくりとコーヒーの香りをかいでリラックスしましょう。

コーヒーダイエットのやり方

ドリップコーヒー
コーヒーダイエットはただコーヒーを飲めばいいわけではありません。

もちろんただ飲んでいるだけでも効果がありますが、正しいやり方でやることでコーヒーの効果を最大限に活用できます。

ドリップコーヒーで飲む

脂肪燃焼のためには先述した、カフェインとクロロゲン酸が重要です。

そこでおすすめなのがドリップコーヒーで飲むことです。

なぜドリップコーヒーなのかというと、手頃に飲めるインスタントコーヒーや缶コーヒーはカフェインとクロロゲン酸の量がドリップコーヒーよりも少ないそうです。

ですので、ドリップコーヒーで飲むのをおすすめします。

ですが、忙しい時などでドリップコーヒーを作る暇がない時などはインスタントコーヒーや缶コーヒーでも大丈夫です。

ホットで飲む

アイスで飲むよりもホットで飲んだほうがダイエット効果が高いです。

ホットで飲むことにより体の温度があがり、代謝がよくなりエネルギーを消費しやすい体になるからです。

またホットにしたほうがカフェインとクロロゲン酸の成分を効率よく吸収することができます。

ホットの温度はだいたい80度前後が目安です。

ブラックコーヒーで飲む

ブラックコーヒーが苦手な方は砂糖やミルクをいれると思いますが、ダイエットの場合それはだめです。

コーヒーだけだとカロリーはほぼ0kcalですが、砂糖やミルクをいれてしまうと、その分カロリーがあがってしまいます。

また砂糖をいれてしまうとカフェインの働きを阻害してしまいます

ですので、ブラックコーヒーで飲むことをおすすめしますが、どうしても苦手な方はスプーン1杯程度(約5g)であれば血糖値にあまり影響しないのでいれても大丈夫です。

運動と一緒にやる

コーヒーダイエットだけで効果は期待できますが、有酸素運動と一緒にやるとかなりの効果が期待できます。

運動をはじめる20~30分前にコーヒーを1杯飲んでください。

そうするとコーヒーの効果で脂肪燃焼しやすい体の状態で運動ができます。

この状態は約3時間~4時間続きます。

この状態で有酸素運動をやれば効率よく脂肪を落とすことができます。

私も有酸素運動をやる前には必ずブラックコーヒーを飲んでからやっています。

まとめ

コーヒーダイエットは私も実践していてとてもおすすめのダイエット方法です。

ですが、注意なのが飲み過ぎには注意してください。

正しいやり方でやってこそ効果がでます。

私はコーヒーを飲まずに運動をやっていた期間よりもコーヒーダイエットを知って、運動前にコーヒーを飲むようになってからのほうが体重が落ちていきました。

コーヒーは身近ですぐに手に入れることができますし、正しい飲み方をすれば効果がでるのでぜひ実践してみてください。