噛むだけでダイエット効果がある!効果や方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事をする時によく噛んで食べていますか?

あまり噛まずに食べている人はよく噛んで食べましょう。

なんと、噛むだけで様々なダイエット効果があるのです。

少し意識してよく噛むようにすればいいだけなので、すぐに実践できるのでおすすめのダイエット方法です。

ですが、どんな効果や方法があるのでしょうか?

今回は噛むダイエットの効果や方法をご紹介します。

スポンサーリンク

噛むダイエットとは?

噛む ダイエット 効果
噛むダイエットとは名前の通り食事をする際によく噛むダイエット方法です。

よく噛むとは目安として30回です。

普段あまり気にかけることがないかもしれませんが、あまり噛まずに食べてしまっていませんか?

咀嚼が少ないと空腹になりやすく、ついついまた何かを食べてしまったりする原因になります。

そこでおすすめなのが噛むダイエットなのです。

食事の際に一口30回を意識して行うだけなので、すぐに実践することができます。

最初のうちは30回は意外にも長く感じますが、慣れてしまえば平気です。

注意点として、どちらか一方だけで噛むことはだめです。

普段私達が食べ物を噛むときはどうしても食べやすい方で噛んでしまう癖があります。
そうならないように両方の顎で噛みましょう。

なぜ偏って噛んでいけないかというと、よく噛むようにすると顔の筋肉がついてくるのですが、偏ってしまうと片側だけ筋肉がついてしまい、顔が歪んでしまう可能性があるからです。

噛むダイエットの効果とは?

噛む ダイエット 効果

食べ過ぎ防止

私達の脳が「満腹になった」と感じるのは食後15~20分後と言われています。

しかし、噛むダイエットで噛む回数がいつもより増えることにより一口に対していままでよりも時間がかかるのでいつもより少ない量で満腹になったと感じるようになります。

また、よく噛むことにより唾液がいつもより多く分泌されます。

唾液によって糖の分解が進めば、血糖値が上がって満腹中枢に指令が行き渡り、少量の食事でも満腹になったと感じることにより食べ過ぎを防止できます。

新陳代謝アップ

よく噛むことによってカロリーが消費されます。

ご飯を食べている時に体が熱くなった経験はありませんか?

このことを食事誘発性熱産生といいます。

人が1日に消費するエネルギーのうち、食事誘発性熱産生は10%と言われています。

この食事誘発性熱産生はよく噛むことにより消費量が増加します。

つまり、よく噛むだけでカロリー消費できるのです。

小顔効果

噛むことにより顔の筋肉が鍛えられます。

それにより顔を引き締めることにつながり小顔効果が望めるのです。

顔の筋肉のうち約70%は口の周りに集中しています。

よく噛むことで口周りの筋肉を主に鍛えることができるので、顔の筋肉の大部分を鍛えることができます。

美肌効果

よく噛むことにより唾液がより分泌されます。

唾液には美容成分や若返りホルモンなどがの成分が多く含まれています。

その中の1つにパロチンという成長ホルモンがあります。

パロチンの効果は肌の老化防止です。

ほかにも、EGFというタンパク質があり、これは肌の成長の促進や機能を整える効果があります。

それにより肌荒れや、ニキビなどの改善にも効果があります。

脂肪燃焼効果

よく噛むことにより体脂肪を燃えやすくする効果があります。

それは、よく噛むことにより、神経ヒスタミンというホルモンが作られます。

神経ヒスタミンは交感神経系に作用することによりノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンが分泌されると、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きが活性化され体脂肪が分解されやすくなります。

ですので、よく噛むだけで脂肪燃焼につながるのです。

虫歯や歯周病予防

虫歯や歯周病を予防するためには歯磨きが大切ですが、唾液をたくさん分泌させることも大切なのです。

唾液には口内を洗浄する効果があります。

噛む回数を増やせば口内の唾液の量も増えることにより口内が洗浄され、虫歯や歯周病の予防につながります。

噛むダイエットの方法とは?

噛む ダイエット 効果

食事の時に一口30回以上噛むことを目安にしましょう。

始めのうちは30回でも意外に長く感じてしまいます。

ですので、慣れてくるまでは30回を目安にし、慣れてきたらだんだんと回数を増やしていきましょう。

一口の量をいつもより少なくすることで更に効果があります。

一口の量が少なくなればその分口に食べ物を運ぶ回数が増えるので、噛む回数も増えるからです。

また、噛む回数を増やすために歯ごたえのあるものを選ぶのも効果があります。

例えば、玄米、こんにゃく、根菜類などです。

そうすることで噛む回数が必然的に増えるのでおすすめです。

まとめ

噛むダイエットは一口30回以上を目安にするだけでダイエット効果以外にも体に良い効果がたくさんあります。

しかも、噛むダイエットの良いところは実践するのが苦じゃないところです。

ダイエットと聞くと運動や食事制限など苦しいことを連想しますが、噛むダイエットは噛む回数を増やすだけなので、ほかのダイエット方法に比べると苦じゃなく楽にすぐ実践できるのでおすすめです。