体幹リセットダイエットの効果とやり方とは?1日5分でスリム体型に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍が出版され、ランキング上位になり、体幹リセットダイエットが今話題となっています。

そもそも「体幹とはなにか?」「なぜ体幹リセットで痩せるの?」「どうやればいいの?」と疑問を持っている方も多いかと思います。

体幹リセットダイエットは1日5分程度ででき、費用などもかからず、無理なくできるのでとてもおすすめのダイエット方法です。

今回はそんな話題沸騰中の体幹リセットダイエットの効果ややり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

体幹とは?

痩せている女性
そもそも体幹とはどこの部分を指すのでしょうか?

大きく分けて2つの意味があり、胴体全体のことを指す場合と胴体の、横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群という場所を体幹と指す場合があります。

これらの筋肉をインナーマッスルとも呼びます。

体幹は人間が普段、呼吸したり姿勢を維持したりする時に活躍してくれている筋肉で普段の活動していくうえでとても重要な働きをしてくれています。

スポーツ選手の方も体幹を鍛えています。

体幹が鍛えられていると疲れにくくなったり、姿勢がよくなったり、運動でのパフォーマンスが上がったりと、アスリートの方に良い効果があります。

もちろんダイエットにも効果的です。

筋トレをイメージする方は上腕二頭筋、三頭筋、腹筋、背筋など比較的目にみえて筋肉がついたとわかる部位をイメージすると思いますが、この内部にあるインナーマッスルを鍛えることで痩せやすい体質になります。

体幹リセットダイエットとは?

筋肉
体幹リセットダイエットは芸能人、モデル、歌手などのボディメイクを指導している佐久間健一氏が提唱しているダイエット方法です。

モデルの方を例にすると、モデルの方は脚の骨を地面に垂直になるように立っていたり、意識するため、お腹、背中、ヒップ部分などの体幹の筋肉が使われています。

もちろん体幹を鍛えているだけが原因ではないですが、モデルの方が細く引き締まった体型なのはしっかりと体幹の筋肉が鍛えられているのも原因の一つなのです。

一般人の方はなかなか歩き方を意識したりはしないのでお腹、背中、ヒップ部分の筋肉を使う機会がすくないために、骨盤の位置がずれ、曲がったりして姿勢が崩れたり、太ももやふくらはぎに力がはいりすぎたりして、太もも、ふくらはぎが太く見えたりしてしまいます。

そんな問題がある体幹をリセットする、つまり、体幹を元に戻すことで健康的な体にし、スタイルをキレイにし、ダイエット効果につなげようとするのが体幹リセットダイエットなのです。

体幹リセットダイエットはアスリートの方も取り入れており、運動パフォーマンスの改善や健康面での効果ももちろんのこと、ダイエット効果にも繋がるおすすめなダイエット方法です。

体幹リセットダイエットの効果とは?

ダイエット
体幹を鍛えることでダイエットにつながる効果が期待できます。

細くスリムな体へ

体幹であるインナーマッスルを鍛えることで筋肉が増え、体が引き締まってきます。

食事制限だけなどで痩せてしまうと、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまい、体重のわりにお腹が出てしまうことがありますが、筋肉を鍛えることで引き締まった体型になります。

特にお腹は脂肪が溜まりやすく出てしまいがちになりますが、体幹リセットダイエットをすることによりぽっこりお腹を解消することができます。

また、骨盤周りをリセットするようなトレーニングを取り入れることにより骨盤周りが引き締まり、くびれがキレイになります。

基礎代謝アップで痩せやすい体質に

基礎代謝はダイエットにおいてとても重要になってきます。

基礎代謝とは何もせずにじっとしていても消費してくれるエネルギー量を表しています。

基礎代謝が高ければじっとしても多くのエネルギーを消費するため、痩せやすいです。

また、基礎代謝が高いと運動などをしたときの消費エネルギーも基礎代謝が低い人に比べ増えるため、痩せやすくなります。

体幹が弱っていると内蔵が下に下がってしまったりするのですが、体幹を鍛え直すことで内蔵の位置を元に戻すことできます。

内臓の位置が元に戻ると内蔵の活動が正常化され、代謝アップします。

また、体幹を鍛えると筋肉量が上がったり、血流が良くなるため、これらも代謝アップの要因になります。

基礎代謝が上がることはダイエットにおいて大切なことなので体幹リセットダイエットはとてもおすすめです。

姿勢が良くなる

体幹を鍛えることで、インナーマッスルが体をしっかりと支え、ずれてしまっている骨盤や背骨などを正してくれ、姿勢が良くなります。

姿勢が良くなると、見た目がキレイなのはもちろんですが、首、肩、間接などへの負担が減り、疲れにくくなったり、血行不良などが改善したりなど健康に良いです。

リバウンドしにくい

ダイエットにおいてリバウンドは避けたいことですよね。

リバウンドの原因として考えられるのが、食事制限などを行って我慢し、ストレスが溜まり、それが開放された時に今まで以上の食事量になってリバウンドしてしまうことが考えられます。

要するに過度な我慢などをするダイエット方法は効果が高いけれどもリバウンドの可能性もあるということです。

この体幹リセットダイエットは普段使われない筋肉を使ってあげて、体の調子をととのえるという、我慢する系のダイエット方法ではないためストレスにより食に走ってしまったりなどの危険性が少ないです。

血流が良くなる

体幹を鍛えてあげることで下がってしまっている内蔵が元の位置に戻ります。

内臓が下がってしまっていると活動のパフォーマンスが悪くなるのですが、それを戻してあげることで本来の活動を取り戻し、血流が良くなります。

血流はとても重要で、食事などで得た栄養を血液を通して全身に運んでくれたり、老廃物を運んで排出してくれたりします。

そのため血流が悪いと老廃物の排出が悪くなり、体内に蓄積されやすくなります。

老廃物などが体に蓄積されていると痩せにくい体になってしまうので、血流を良くし、老廃物を体内から排出するようにしましょう。

そうすることで痩せやすい体質になります。

疲れにくくなる

疲れと体幹は密接な関係があります。

体幹が鍛えられていないと姿勢が悪くなったり、体が少し傾いた状態になったりします。

そうすると首や肩などに負担がかかるため疲れやすくなってしまいます。

体幹をしっかりと鍛えてあげることで、姿勢を正し、余計なところに過度な負荷がかからないようになり、疲れにくい体になります。


スポンサーリンク

体幹リセットダイエットのやり方とは?

痩せている
体幹を鍛えることができるトレーニングを毎日行います。

トレーニングといっても5分程度でもできるので、難しくありません。

体幹トレーニングは種類が多くてすべてをこなすのは時間的にも体力的にもきついため、自分が特にきになる部分や大きい部分を鍛えることができるメニューにするのがおすすめです。

書籍などでもいろいろな種類のトレーニングが紹介されていますが、数あるトレーニングの中からおすすめのトレーニングを厳選して紹介します。

プランク


やり方は、

  1. 腕立て伏せの状態をイメージし、うつ伏せになり、肘から手までを床につけ体をまっすぐにします。
  2. お腹が下がってこないように力をいれ、体を床と水平にするようにします。
  3. この状態を30秒維持します。

イメージとしては腕立て伏せの肘をつけた感じで腕と脚で体全体を支える感じです。

やってみると意外に難しく、30秒がきつい方は自分の体力に合わせて、時間を調整してください。

30秒できた方は、1分休憩後、もう1セット、プランクをします。

理想は3セットです。

もちろん始めの内は1セットでもきついと思うので秒数やセット数は体力に合わせて調整してください。

サイドブリッジ


やり方は、

  1. 床に横向けになり、ひじを床に対して直角にします
  2. 横向けのまま両足を重ね足の横部分と1で置いたひじで体を垂直に保つようにします。
  3. ひじでささえてない方の手は腰に置きます。
  4. その状態を30秒維持します。

文章ではわかりづらいと思うので、動画をご覧ください。

ポイントは骨盤がぐらぐらと傾いたりしないように体をまっすぐにします。

また、腰においた手に力をいれてしまうと体幹への刺激が少なくなるため、手は添える程度にしましょう。

サイドブリッジも同じく1セット終わるごとに1分の休憩をはさみ、3セットが理想です。

セット数、秒数は体力に合わせて調整してください。

ヒップリフト


やり方は、

  1. 床に仰向けになり、膝を適度に曲げます。
  2. その状態で腰を高く浮かし、片膝を伸ばします
  3. そのまま5秒間キープします。
  4. 反対側の膝も同じく5秒間キープします。

片膝5秒キープを1回として、20回を1セットとします。

こちらも同じく1分休憩後に次のセットに入り、3セット行います。

セット数、秒数は体力に合わせて調整してください。

時間がある方はおすすめした3種類を毎日!

最初に紹介したプランクは主に体幹の前側を、サイドプランクは体幹の横部分を、ヒップリフトは体幹の後ろからお尻にかけてを鍛えるトレーニングです。

時間が無いときはどれか一つを行い、翌日には違う部位のトレーニングを行いましょう。

できる方は、毎日3種類をやることにより体幹全体を鍛えることができるため、とても効果が高く現れます。

体幹リセットダイエットの効果を高めるためには?

ウォーキングしている女性
体幹リセットはダイエットに効果的ですが、よりダイエット効果を高めるための方法をご紹介します。

タンパク質摂取を心がける

筋肉の成長のためには筋肉を鍛えてあげることも重要ですが、タンパク質を摂取することも重要です。

しっかりと体幹を鍛え、タンパク質の摂取を心がけることで、筋肉の量が増え、体幹リセットダイエットの効果がより効果的にでてきます。

有酸素運動や食事量の調整

体幹リセットダイエットは、もちろんダイエット効果はありますが、ただ脂肪を落とすだけを考えると有酸素運動や食事量の調整をしたほうが効果が早く現れます。

そうなると体幹リセットダイエットは痩せないのか?と思われるかもしれませんが、そうではなく体幹をしっかりと鍛えてあげることで見た目がとても引き締まって見えるようになります。

それ以外にも筋肉をつけながら痩せるため、痩せやすい体質になり、リバウンドしづらかったり、姿勢が良くなり、体調不良の改善などにも繋がるのです。

ですので、体幹リセットダイエットを行いながら有酸素運動や食事量を調整することで脂肪を効率よく落としながら体幹を鍛え、よりダイエットの成果を早めることができるのです。

有酸素運動だけ、食事量の調整だけ、だとインナーマッスルである体幹は鍛えられず、むしろ食事量が減るので落ちてしまうのでそこに体幹リセットダイエットを組み込むのです。

そうすることで引き締まった体で、体重もどんどん落ちていきます。

お酒を控えめに

お酒の種類にもよりますが、お酒は糖質が高いものが多く、糖質はとりすぎてしまうと、脂肪として蓄積されてしまう栄養素です。

しかもお酒を飲むとついついおつまみが進んでしまったりして、余計に太る原因になってしまいます。

また、アルコールはビタミンを破壊してしまいます。

ビタミンB群には糖質や脂質の代謝を促してくれる効果があるため、それを破壊されてしまっては太りやすくなってしまいます。

せっかく普段トレーニングや食事量を調整していてもお酒を飲むことによって太りやすくなってしまうので、お酒を控えるようにしましょう。

まとめ

体幹を鍛えることにより、ダイエット効果はもちろんのこと、健康にも効果的です。

しっかりとインナーマッスルが鍛えられると同じ体重の人と比べてみても明らかに痩せて細くみえるので、食事制限だけでダイエットしようとしている人は、ぜひ体幹リセットダイエットを取り入れてください。

そうすることで、脂肪を落としつつ筋肉を鍛えることで、筋肉の減少量を抑え、引き締まった体になってきます。